爪水虫の市販薬で治療するための情報館

爪水虫の市販薬で治療したい方のための情報サイトです。しっかり市販薬で治療しましょう。
MENU

爪水虫の市販薬で治療

爪水虫は爪にできる水虫で、白癬菌に感染すると爪水虫になり、なかなか治らないので厄介です。
ここで爪水虫の原因と対策について説明します。

 

爪の異変!それは爪水虫

爪が水虫になるというと普通では考えにくいと思います。
なぜなら爪は確かに皮膚と同じ構造ですが、いわゆる白癬菌に感染するとは意外です。
しかし、爪水虫は明らかに爪が白癬菌に感染している状態で、その原因はさまざまです。

 

 

爪水虫は足の親指に多く見られる

爪水虫かどうかを知るには、自分の足の親指の爪が白濁して、変形しているかどうかをチェックすることです。
もしボロボロで白濁していると、白癬菌が爪に寄生していて、他人に感染します。
初期には痛みはありませんが、進行する炎症を起こして、靴を履くと痛くなることがあります。

 

 

放置しておくとほかの足指にも移る

ここで、ほかの足指にも移るという意味は、自分の足だけではなく、他人にも移るのです。
空気感染はありませんが、風呂場の足ふきやスリッパなどに白癬菌がつくと、それが他人に感染します。

 

 

どうして爪水虫になるのか

爪水虫主な原因はカビ菌の一種である白癬菌とされていて、
10種類ほどのカビ菌のうちの白癬菌が人や動物から感染します。
白癬菌はカビ菌ですから、自然界に生存していて、それが何かの拍子に足の爪に付着するのです。
つまり自然界に存在する白癬菌というカビ菌がいる限り、誰もが爪水虫に架かる可能性があります。

 

 

爪水虫治療の対策

爪水虫の原因である白癬菌は爪の奥まで入り込んでいるので、外部からの水虫治療薬では治せません。
白癬菌を死滅させるには、飲み薬を適切に服用して、時間をかけて徹底的に根治する必要があります。
中途半端な治療では白癬菌はなかなか全滅できないのです。

 

よくあるのですが、それは医師の処方などで白癬菌を退治する飲み薬を飲んでいて、
一見良くなったように思えて、途中で服用をやめることです。
しかし少しでも白癬菌が残っていると、また増殖しますから、徹底的な治療が必要です。

 

このページの先頭へ