爪水虫の市販薬で治療するための情報館

爪水虫の市販薬で治療したい方のための情報サイトです。しっかり市販薬で治療しましょう。
MENU

爪水虫の市販薬で治療

爪水虫は爪にできる水虫で、白癬菌に感染すると爪水虫になり、なかなか治らないので厄介です。
ここで爪水虫の原因と対策について説明します。

 

爪の異変!それは爪水虫

爪が水虫になるというと普通では考えにくいと思います。
なぜなら爪は確かに皮膚と同じ構造ですが、いわゆる白癬菌に感染するとは意外です。
しかし、爪水虫は明らかに爪が白癬菌に感染している状態で、その原因はさまざまです。

 

 

爪水虫は足の親指に多く見られる

爪水虫かどうかを知るには、自分の足の親指の爪が白濁して、変形しているかどうかをチェックすることです。
もしボロボロで白濁していると、白癬菌が爪に寄生していて、他人に感染します。
初期には痛みはありませんが、進行する炎症を起こして、靴を履くと痛くなることがあります。

 

 

放置しておくとほかの足指にも移る

ここで、ほかの足指にも移るという意味は、自分の足だけではなく、他人にも移るのです。
空気感染はありませんが、風呂場の足ふきやスリッパなどに白癬菌がつくと、それが他人に感染します。

 

 

どうして爪水虫になるのか

爪水虫主な原因はカビ菌の一種である白癬菌とされていて、
10種類ほどのカビ菌のうちの白癬菌が人や動物から感染します。
白癬菌はカビ菌ですから、自然界に生存していて、それが何かの拍子に足の爪に付着するのです。
つまり自然界に存在する白癬菌というカビ菌がいる限り、誰もが爪水虫に架かる可能性があります。

 

 

爪水虫治療の対策

爪水虫の原因である白癬菌は爪の奥まで入り込んでいるので、外部からの水虫治療薬では治せません。
白癬菌を死滅させるには、飲み薬を適切に服用して、時間をかけて徹底的に根治する必要があります。
中途半端な治療では白癬菌はなかなか全滅できないのです。

 

よくあるのですが、それは医師の処方などで白癬菌を退治する飲み薬を飲んでいて、
一見良くなったように思えて、途中で服用をやめることです。
しかし少しでも白癬菌が残っていると、また増殖しますから、徹底的な治療が必要です。

 

爪水虫の要因と症状

日本人の1割が爪水虫に掛かっていると言われています。
ちなみに爪水虫とは、その名の通り爪にできる水虫の事です。

 

ここでは、その爪水虫の症状と要因を紹介していきます。

 

爪水虫の症状

痛みやかゆみなどはありませんので、起きているかどうかが分かりにくいかもしれません。

 

しかし、爪の見た目が変わります。

 

一例として、

・爪の形が変になっている
・爪に白色の筋が出来ている
・爪が厚くなっているのに、崩れやすい
・爪が白色に濁っている

このような状態になったら、爪水虫を疑いましょう。
最初は1つの爪だけに起こる事が多いですが、段々別の爪にも拡散していきます。

 

ひどくなると歩くだけで痛くなったり、爪がぼろぼろになってしまいます。

 

また、爪水虫は手の爪にも広がっていくので、
例えばパソコンで仕事をする機会が多い方にとっては、非常に困るはずです。

 

爪水虫の要因

爪水虫の誘因は白癬菌という名のカビです。これは普通の水虫と同様ですね。

 

足の親指の爪から侵される事が大半であり、
白癬菌が爪の角質に住み着いて、爪のタンパク質を餌にして殖えていきます。

 

そして、白色の部位がどんどん拡がっていくのです。
この「白色の部位」というのがカビですね。

 

爪の下は白癬菌がかなり繁殖しやすい環境になっていますので、
爪の中側に感染が拡がっていくと、治療が困難になってしまいます。

 

白癬菌は、湿り気と高温を好みますので、汗でジメッとした靴下や靴は、
長時間履かないように工夫しましょう。

 

ちなみに、動物も白癬菌に感染する可能性があります。
感染した動物と触れ合うと、やはり感染してしまう恐れがあるので、
ペットの爪には常に注意しておきましょう。

 

ただ、幸い白癬菌の感染力は比較的弱めです。
ただし、放っておけば感染する可能性は高まりますので、早めに手を打ちましょう。
爪水虫 市販薬 治療

このページの先頭へ